会社解散や相続の悩みは弁護士に依頼|専門家グッドチョイスナビ

男性

すぐに相談をする

素人では解決ができないのが、法律関係の問題です。だから東京で弁護士として活動しているこちらに助けてもらいましょう。

会社の解散手続きをお任せするならフルサポートまで依頼出来るこちらがオススメ!実績豊富な会社なので信頼出来ますよ。

相続放棄の熟慮期間について

スーツ

亡くなった人が多額の借金をしていた場合、相続人は相続放棄申述書を家庭裁判所に提出することによって相続放棄をすることができます。この手続きを取ると、債務だけでなくプラスの財産も相続することができなくなってしまいますので、よく考えた上で手続きを取る必要があります。とはいえ、いつまでも考え込んでいると、被相続人の債権者に迷惑をかけてしまうことになります。そのため、相続放棄の手続きは被相続人が死亡してから3ヶ月以内に取ることに法律で決められています。それ以上長く相続関係を不安定な状態にしておくことは、社会的に見てデメリットが大きすぎると考えられているためです。この3ヶ月のことを熟慮期間と呼ぶのですが、一昔前まではこの熟慮期間がかなり厳格に適用されていました。しかし、近年になって、裁判所による熟慮期間の取り扱いが少しずつ柔軟になってきています。

熟慮期間経過後に放棄の手続きを取る人が増えそうです

なぜ裁判所による熟慮期間の取り扱いが柔軟になってきたのかというと、この熟慮期間の規定を逆手に取って、相続人を苦しい立場に追い詰める債権者がたくさんいたためです。債権者が債務者の死亡直後にその事実を知ったとしても、すぐに債務のことを相続人に教えたのでは、相続放棄の手続きを取られてしまう可能性があります。相続放棄をされてしまうと、債権者は債権を回収することができなくなってしまいます。そこで、3ヶ月が経過するのを待って債務の存在を相続人に伝え、厳しい取り立てを開始する業者が少なくありませんでした。しかし、相続人にとっては過酷すぎるやり方であるため、熟慮期間の考え方を柔軟にすることによって、相続人の救済を図るように変わってきました。もちろん裁判所は簡単には熟慮期間経過後の相続放棄を認めてくれませんので、弁護士や司法書士のサポートを受ける必要があります。良いサポートサービスを提供する専門家の数が多くなってきたため、今後は熟慮期間経過後に相続放棄の手続きを取る人が増えるだろうと考えられています。

一人で抱え込まずにまずは相談してみましょう!仙台の離婚相談室ならこちらがおすすめですよ!ぜひお気軽にお問い合わせを!

離婚の慰謝料のことについて弁護士に相談したい方はコチラへ!専門の弁護士が対応してくれるのできっとお悩みが解消されますよ。

成田で弁護士をお捜しの方は、丁寧な対応が評判を呼んでいるこちらがオススメです!悩みを解消してもらいましょう!

相続の確認を行う

スーツ

遺産相続は、手続きを行わないと受け取ることが出来ない他にも借金も相続されてしまうものです。借金が多額で支払うことが困難な場合、相続放棄することも出来るのですが早急に手続きを行う必要があるので弁護士に相談しましょう。

Read More >>

専門家に依頼する

スーツ

会社の解散は、専門的な手続きが必要となるため一般人には難しいものといえます。しかし、インターネットから手続きの流れを確認することも出来ますが司法書士に依頼することでスムーズに対応してもらうことが出来るのです。

Read More >>

会社を解散する

スーツ

会社が何らかの理由で解散せざるを得ない場合、解散する際には商業登記が必要となってきます。また、近年はインターネット社会となっているため情報を集めやすく、司法書士に依頼しなくても自分で手続きを行うことが可能です。

Read More >>